スキャナ性能の高いA3複合機は?

A3複合機のほとんどはスキャナ機能が標準装備となっています。読み取り解像度は600×600dpiが最大で、スキャナ専用機と同様の解像度ですから、高画質にこだわる企業も安心です。各メーカーで性能に大差が出ることはないでしょう。

読み取り解像度は比較要素になりにくい状況なので、他の要素で比較することが大事かもしれません。そこで人気メーカーであるキャノンとリコー、ゼロックスの複合機を、解像度と供に主な特徴を紹介します。

目次

1.仕事能率が格段に上がる!?キャノンの最上位モデル

仕事能率が格段に上がる!?キャノンの最上位モデル
キャノンの新製品iR-ADV C7580 IIは、高品質の画像を大量に印刷できる最上位モデルです。仕上げ処理も多彩で、印刷物の多いオフィスでの仕事能率を高めてくれます。

iR-ADV C7580 IIには、プルスキャンとプッシュスキャンが標準装備されています。プルスキャンの読み取り解像度は、75~600dpiまでの範囲で1dpi単位の設定ができ、プッシュスキャンは100×100dpiから600×600dpiまで8パターンの解像度から選択可能です。

それから、書き込み時の解像度は最大2400dpi×2400dpiです。A3サイズまでのシートやブック原稿はもとより、2kgくらいまでの立体物も複写できます。

カメラの製造販売から始まったメーカーだけに、キャノンの複合機は画質の良さに定評があります。他の機能面で力を入れているのはウォームアップタイム。iR-ADV C7580 IIには高速起動モードが搭載されていて、ONにしておいた場合に主電源を入れると、わずか30秒以下で立ち上がります。

これはリカバリータイムと変わらない速さです。また、耐久性やメンテナンスのスピードにおいても高評価で、毎年国内で売り上げ高1、2位を争うメーカーとなっています

2.宮内庁でも導入!安心感の強いリコー

宮内庁でも導入!安心感の強いリコー
リコーの新製品MP C4504はフルカラーでもモノクロでも、また片面コピーでも両面コピーでも変わらない、毎分60ページの高速出力が特徴の複合機です。ファーストフルカラーコピーであっても4.5秒と高速で、次の人を待たせることはありません。

そして高速出力にも関わらず、画質への妥協を許していません。最大の書き込み時解像度は4,800dpi相当×1,200dpi。フルカラービジュアルの表現力を求める企業も安心です。

それから、メールやファイル送信によるデータからもスキャンができます。その上、ネットワークTWAINスキャナーを使えば、100~1,200dpiの範囲で読み取り解像度の選択が可能です。片面の読み取り速度はモノクロ、カラーいずれも毎分110ページ、両面時は毎分180ページです。

また、管理や操作のしやすさを追求し、従来品よりも大型のタッチパネルを搭載しました。個々で画面のカスタマイズをすることや、アプリケーションサイトからのアプリ追加も可能です。

リコーはキャノンと人気上位を争うメーカーの一つで、品質と供に安定したアフターサービスは、宮内庁にも評価されています。リコーの初めての自社開発製品は、オフィス向け印刷機でした。印刷技術に長年の実績があり、信頼性が高いメーカーといえるでしょう

3.ゼロックスの複合機はデザイン業に最適

ゼロックスの複合機はデザイン業に最適
ゼロックスの新製品DocuCentre-V C5585は、スリープモードから自動復帰するユーザー検知機能が備わっています。タッチパネルで操作している間に出力装置の準備が整っているため、待ち時間が限りなくゼロです。これはスマート節電機能によるもので、原稿送り及び出力装置が不使用のジョブでは初期化の音が発生せず、結果的に静音性も向上しています。

スキャンの読み取り解像度は600×600 dpi、400×400 dpi、300×300 dpi、そして200×200 dpiの4パターン、書き込み解像度は 600×600 dpi、1200×1200 dpi、2400×2400 dpiの3パターンです。十分なスキャン性能を持つDocuCentre-V C5585ですが、画質にこだわる必要がないオフィスにおいては、様々なフォーマットに対応している点が魅力かもしれません。取り込んだデータを他のシステムに利用することもでき、文書の共有が容易です。

ゼロックスは高い画質で出力できるとあって、デザイン業務を行う企業に支持されているメーカーです。また、アフターサービスの質も良く、第3者機関による顧客満足度調査で6年連続1位を獲得しています

4.まとめ

ここでは主要メーカーのA3複合機を、スキャナ性能と主な特徴をご紹介しました。元来複合機のスキャナは簡易的な機能で、CISというイメージセンサーが用いられていることが多かったのですが、専用スキャナと同様のCCDを用いるのが主流になりつつあります。

解像度の高さは画質を左右する要素ですが、このイメージセンサーの種類も大きく影響します。複合機を選ぶ際は、どちらが搭載されているのか確認するといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です