ランニングコストが低い!A3対応のおすすめ複合機

複合機を導入するうえで初期費用も大事ですが、それ以上に心配なのがランニングコストですよね。特にA3など、大きめの用紙に対応している複合機は限られており、しかも電気代が高くランニングコストが低いものもなかなか見つからないので、不便に感じている会社も多いのではないでしょうか。

「あまりA3を使う機会が無いから…」とA3非対応でA4対応の複合機に変えてしまう前に、ランニングコストの低い複合機を探しましょう!

そこで、ここではおすすめのA3対応複合機をまとめました。

目次

1.ランニングコスト重視なら「沖データ(OKI) A3カラーLED複合機 MC843DNW」

ランニングコスト重視なら「沖データ(OKI) A3カラーLED複合機 MC843DNW」
複合機の中でも圧倒的に低価格なのが沖データの「A3カラーLED複合機 MC843DNW」です。

インクジェットタイプの複合機で、一般の複合機と比べると機能を「プリント・スキャン・コピー」の3つに絞っているため、ランニングコストだけでなく初期費用も安く利用できます。FAX機能が付いていないため、FAXをあまり使う機会が無い企業や、2台目の複合機が欲しい企業向けの製品となっています

かなりシンプルな造りとなっている複合機のため、初期設定やメンテナンス性が高いのもこちらの機種の魅力です。「メンテナンスバリアフリー設計」となっており、一般的に複合機のメンテナンスは業者が行うものですが、こちらの機種はあまり機械に詳しくない人でも簡単にメンテナンスをすることができる造りとなっています。そのため、複合機をこれから導入したいけれども機能は最低限のものだけで良いという企業におすすめと言えます。

ランニングコストに関しては、1枚あたりカラーで11.7円、モノクロで2.8円程度となっています。一般の複合機の場合、カラーで1枚15円程度、モノクロで2~3円程度となっており、こちらの機種と比べると、カラー印刷におけるコストパフォーマンスがかなり良い機種と言えるでしょう。使用しない間は節電モードに切り替わる仕様となっているので、電気代もかなり安いです。

寿命に関しても、大体60万枚印刷もしくは5年間と定められており、しかも沖データの複合機はほとんどの機種に5年間の無償保証と、メンテナンス品無料提供サービス、約5年分の消耗品も付いてきます。そのため、メンテナンスにかかる費用も最小限に抑えることが出来、必要最低限の機能さえ揃っていれば良いと思っているのであればおすすめの機種です。

2.印刷量が多いなら「brother MFC-J6995CDW」

印刷量が多いなら「brother MFC-J6995CDW」
brotherでは様々な複合機やコピー機を取り扱っていますが、その中でもランニングコストが低く、人気が高い機種が「MFC-J6995CDW」です。

インクジェットタイプですが、カラーで4円、モノクロで0.9円というかなりの低ランニングコストを実現しており、大量印刷をする場合にかなり便利な機種となっています。インクカードリッジもカラーで1,500枚、モノクロで3,000枚と大容量インクカードリッジを採用しているので、インクカードリッジの取り換え頻度もあまり多くなく便利です。

インク節約モードも用意されているため、オフィスの悩みの種であるインク代の節約をすることもできます。インク節約モードでは50%近いインクの量を節約することが可能となっており、社内資料などを印刷する際に便利です。

インクに関しても純正のものを使用すればどうしても高くついてしまいますが、純正以外のインクも使用可能なので、コストを抑えるのであれば純正以外のインクを使っている企業が多いようです。

また、インクジェットタイプの複合機は文字がにじみやすいという弱点がありましたが、この点も改良されて鮮明に印刷されるようになっているため、心配する必要がありません。耐久度に関しても15万ページの高耐久機種となっており、耐久性の高さの面でも安心です。

また、こちらの機種は、「デザイン界のオスカー賞」とも言われ、世界的に評価の高い賞であるiF賞を受賞しており、デザイン性においても優れています。

こちらの機種に関しては印刷スピードの速さが魅力的という声が多く、特に1枚目の印刷が終わるスピードが他の機種よりも速いです。また、複合機の中でもサイズが小さめなので、スペースもあまりとりません。それに加えて、PCやiOSを使って操作する場合にも互換性が高く、使いやすいという評価が多いです。

3.まとめ

複合機は色々なオフィスの規模や用途に合わせた機種が登場しています。ここで紹介した機種は、機能を最小限に絞った中小企業向けのものと、大量印刷向けのものでした。

また、ここで紹介した2種の複合機はインクジェットタイプのものでしたが、レーザータイプという選択肢もあります。レーザーはインクジェットよりも文字が滲みにくいので、印刷量や用途次第ではレーザーの方が便利と言う場合もあり、用途に合った複合機を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です