ビジネス用・家庭用とのプリンター・複合機の違いとは?

毎日の業務で印刷や書類のスキャン、コピー・FAXなどに大活躍のプリンター・複合機。

しかし新しいオフィスに複合機を導入する場合や、買い替え・入れ替えを行うときに何を基準に選んでいいのかわからない、という方も多いかと思います。

そこで本記事では主な複合機・プリンターの機能や用途についてご説明し、特に低コストで運用できるA3対応顔料インク複合機について紹介したいと思います。

あなたの事業所にぴったりの1台を探す参考にお役立てください。

目次

1.ビジネス用・家庭用とのプリンター・複合機の違いとは?

ビジネス用・家庭用とのプリンター・複合機の違いとは?
一口にプリンター・複合機と言っても、家庭向け・ビジネス向けや印刷方式など様々な差異があり、自分たちの業務に最適なものがなにか迷うことはありませんか?

ここではどんな用途にどんなプリンター・複合機がおすすめかご紹介したいと思います。まずは家庭向け・ビジネス向けのプリンター・複合機の違いについてご紹介します。

ビジネス向けのプリンター・複合機は、一度にたくさんの印刷を行うための機能が備わっているのが特徴です。その分高価になっていったり、さらには外部の業者と保守・保全などの契約を結ぶ必要がある場合もあります。

反対に家庭向けのプリンター・複合機は一度に大量の印刷を行うには不向きな面もありますが、比較的安価に維持・運用することができます。またインクの交換なども簡単に行なえるので、少ない人数で共有する場合には適しているとも言えます。

次に印刷方式と、複合機の機能についてご紹介します。
印刷方式には大きく分けて、インクジェット方式とトナー方式があります。

インクジェット方式

インクジェット式で一般的なものは顔料インクを使用します。これはインクが安価であり印刷が高精細な反面、印刷が水でにじむなど屋外で印刷物を利用する場合には不向きな特徴がある場合もあるので注意が必要です

トナー方式

トナー式は印刷用の粉末を紙に焼き付け、印刷を行うため耐久性が高く、すばやく印刷できる反面、プリンター・複合機の保全に高いコストが掛かります

一般的な複合機の主な機能はスキャナー・コピー・FAXです。これらから更に必要な機能がある場合、高機能な複合機を検討する必要があるかもしれません。これらの機能を全く含まないプリンターもあるので、購入時には注意が必要です。

印刷の用紙サイズも重要な検討項目です。ビジネスの現場ではプレゼン資料や外部に印刷を依頼するための見本を印刷する場面が日常的にあるため、少なくともA3サイズの印刷に対応しているものを選ぶと無難です。

つまり、大規模なオフィスで運用する場合は大型で高機能の複合機が必要となります。反対に、中小規模で頻繁に大量の印刷物を必要としない場合はA3対応のインクジェット複合機を導入すると事業のコスト削減に有効な場合もあります。

2.おすすめのA3対応顔料インク複合機とは?

おすすめのA3対応顔料インク複合機とは?
ここではビジネス用途に適したA3対応インクジェット複合機をご紹介します。

1.エプソンEW-M5071FT [A3ノビカラーインクジェット複合機]

ビジネスに必要な耐久性やFAX・電話・コピーなどの機能を備えながらA4カラー約0.8円、A4モノクロ約0.4円という圧倒的な低印刷コストを実現しています。また大容量の紙トレイや封筒印刷、スキャン時の自動紙送り機能などが備わっています。

エコタンク対応製品なので、インクの補充も各タンクに補充用カートリッジからインクを注ぐだけで簡単です。オフィス用の大型複合機からの乗り換えや、新たに高機能なプリンター・複合機を導入する場合におすすめです。

2.エプソンPX-M5081F [A3ノビカラーインクジェット複合機]

上記の製品とくらべエコタンク機能未対応など機能面や、A4カラー約7.6円、モノクロ約2.5円など印刷コスト面で劣るものの、基本的にビジネスで必要とされる機能が備わっており、なおかつ導入コストを抑えることができるプリンター・複合機です。初期コストを抑えたい場合や、印刷の頻度が少ない場合などにおすすめです。

3.ブラザーMFC-J6995CDW[A3ノビカラーインクジェット複合機]

こちらも基本的な機能を備えながら、A4カラー約4.0円、モノクロ約0.9円の低ランニングコストで、印刷速度が比較的早い点が特徴です。導入コストは上記2つの製品の中間程度となりますが、多少印刷を行う頻度が高い場合にはこちらがおすすめです。

3.まとめ

オフィスには高機能で大型の複合機が必要な場合もありますが、じつはそこまでの高機能なものが必要でなく、工夫をすれば低コストの顔料インクのプリンター・複合機で毎日の業務をこなすことができるのはないのでしょうか。

ポイントはビジネス必要な機能(コピー・スキャン・FAX+印刷)が十分に備わっているかどうかとプレゼンなどに必要なA3以上の印刷が可能かどうかです。

これを機会に、日々の業務にぴったりのプリンター・複合機を探してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です