複合機でA3の手差し印刷をするには

複合機ではA3など様々な用紙を使用して手差し印刷を行うことができます。実際に手差し印刷できるかどうかは、それぞれの複合機で対応する用紙を確認することが重要です。大抵の複合機であればA3の手差し印刷を行うことができます。

普通紙以外の用紙に印刷したい場合は通常の給紙カセットに入れることができません。手差し印刷ならば厚紙やはがきにも印刷できます。通常方法で印刷するのも便利ですが、手差し印刷の方法を習得しておくと複合機の利用の幅が広がります。

目次

1.手差し印刷とは

手差し印刷とは
手差し印刷は普通紙以外の定形外用紙に印刷したい場合などに便利な方法です。A3サイズの用紙に印刷する場合にも利用できます。また複合機には厚紙やはがき、封筒だけでなくOHPフィルムなどの手差し印刷に対応しているものもあります

A3以上の長さがある用紙などに印刷したい場合などに便利です。一般的に手差し用のトレイはオープンな状態になっているので、送り紙を目視で確認しながら作業することもできます。普通紙の場合には給紙カセットにセットすれば自動的に用紙が入って印刷されます。

一方多少厚みのある用紙などは給紙カセットにセットしても入らないことがあります。手差し用のトレイに用紙をセットして印刷すれば、サイズや厚みなどに関わらず印刷ができます。複合機には様々な種類があり、手差しトレイにセットできる用紙も機種によって異なります。定型サイズのA3やB4、A4にB5、A5の他に厚紙やはがき、封筒、OHPフィルムなど様々な用紙に対応可能な機種も存在します

複合機の購入を検討する場合には、手差し印刷が可能な用紙の種類を確認しておくのが効果的です。手差し印刷ならばA3サイズ以上の大きな用紙でも簡単に対応することができます。

2.A3サイズの手差し印刷できるおすすめの複合機

A3サイズの手差し印刷できるおすすめの複合機
複合機でA3サイズの用紙などに手差し印刷をするには、設定を行う必要があります。設定を行うには、まず印刷する用紙を複合機の手差しトレイにセットします。パソコンで複合機のドライバーの設定画面を開きます。

それぞれの機種の設定手順に沿って設定を行うことになります。用紙トレイを手差しトレイに指定して、用紙の種類や給紙方向を指定することになります。設定が終了したら印刷ボタンを押して印刷することができます。OHPフィルムやラベル用紙、コート紙などをセットする場合には、用紙の端を揃えてから行うと効率的です。

用紙の端を揃えるには、最初から大量の用紙を扱うのではなく、少量ずつにして平坦な場所で数回叩きます。端をきちんと揃えることで用紙が重なって送られることがなくなり、紙の詰まりを防ぐことができます。用紙を補給する場合には、端で手を切ることもあるので十分注意が必要です。

最近の複合機やコピー機にはペーパーレス機能があるため、印刷をしなくてもFAXされたコンテンツを確認することができます。しかし実際には紙に印刷する必要が出てくる場合があります。複合機の紙の給紙方法には一般的な方法と手差し印刷がありますが、両方を覚えておくと便利です。

基本的に複合機に紙を補給するには、給紙トレイを使用することになります。初期装備の給紙トレイは1段とされていますが、3段給紙トレイが使用される場合もあります。3段給紙トレイでA3やA4などの用紙を補給すると、印刷の際に用紙の選択もできるため効率的です。

この方法では用紙が切れると操作画面に不足表示が出るので、トレイに補給することになります。通常は使用しないサイズの用紙に印刷する場合には、通常の給紙トレイではなく手差しトレイから給紙します。手差しトレイは複合機の側面にあります。

A3サイズにも対応したおすすめの複合機にはエプソンのEWM970A3TやEW-M5071FTの他にブラザーのPRIVIO、MFC-J6973CDWやMFC-J6995CDWなどがあります。エプソンのEWM970A3TやブラザーのPRIVIO、MFC-J6973CDWは写真印刷に適しています。

一方エプソンのEW-M5071FTやブラザーのMFC-J6995CDWはビジネス向けのモデルです。写真印刷に適したモデルは大きさもコンパクトなので、一般家庭で使用する際にも場所を取りません。ビジネス向けのモデルは低コストで印刷できるというメリットがあります。

3.まとめ

複合機では通常の方法の他に手差し印刷を行うことができます。A3サイズなどの普通紙だけでなく厚紙やはがき、封筒などにも印刷できるので便利な方法です。手差し印刷を効率的に行うには、給紙の方法を覚える必要があります。

手差し印刷用のトレイは複合機の側面に存在します。A3 サイズにも対応しているおすすめの複合機には、エプソンのEWM970A3TやブラザーのPRIVIO、MFC-J6973CDWなどがあります。手差し印刷の方法を習得すれば、印刷の幅が広がり便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です